薬剤師が保険薬剤師資格を取得する具体的な登録手順

薬剤師が健康保険や社会保険適用の保険調剤薬局で公的医療保険が適用される調剤をする場合があります。それには事前に<保険薬剤師>の登録が必要になります。 ここでは、薬剤師が保険薬剤師資格を取得する具体的な登録手順をご紹介しておきましょう。

あなたが勤務する保険薬局などがある都道府県を管轄する地方厚生局の事務所が保険薬剤師の登録機関になります。かつて社会保険事務所で保険薬剤師の登録業務をしていた時期がありました。 2008(平成20)年10月1日付けで直轄の地方厚生局の事務所などに変更になっています。

保険薬剤師登録をする薬剤師ご本人が申請手続きをしなければなりません。 登録日は地方厚生局の事務所などでの受付日になります。申請手続きは窓口に出頭するのが一般的ですが「郵送申請」や「電子申請」でも行えるようになっています。

場合によっては勤務先の調剤薬局などでも手続き代行ができる場合もあります。 登録申請書は1枚もので「保険医登録申請書」と共用できる書式になっています。 薬剤師国家試験合格の免許証のコピー1枚が提出添付書類になるのが普通です。 戸籍謄本も不要ですし薬剤師免許の交付時のように費用が発生することもありません。

保険薬剤師登録申請書には「勤務先の名称」と「勤務先の所在地」を記載する項目があります。 調剤薬局などに新しく就職する場合や転職を希望しているなどのケースもあるでしょう。 その場合はお住まいの住所で登録ができます。 就職する調剤薬局とお住まいが別の都道府県になっている場合は注意が必要です。

保険薬剤師登録申請書を提出して問題がなければ後日<保険薬剤師登録票>が交付されます。 原則的には勤務先に郵送され登録が完了したら厚生局事務所などの掲示板とホームページで登録された情報が公開されます。

保険薬剤師登録票と一緒にその他の必要書類も同封されています。 指導監督のために提出が必要な書類がありますから提出漏れのないように注意してください。 保険薬剤師登録票が交付されたあとには、研修を受講することが義務づけられています。

以上、薬剤師が保険薬剤師資格を取得する具体的な登録手順をご紹介しておきましたので参考にしてください。

ページの先頭へ