保険薬剤師についての基礎知識

薬剤師の仕事をするには資格が必要です。 まずは薬科大学や大学の薬学部で6年間正規課程を習得して卒業しなければ受験資格がありません。 2005年度以前に入学した人は4年間です。 そして薬剤師国家試験に合格することが必要です。

薬剤師ができる業務はとても幅広いです。 その中でも薬剤師法で規定されている基本的な薬剤師の業務があります。 それが「調剤」業務です。 薬剤師資格があれば誰でもできる業務です。

注意したいのは「保険薬剤師」にしかできない業務があるということです。 ここでは保険薬剤師についての基礎知識ご紹介しましょう。

日本は国民皆保険という公的健康保険制度が確立しています。 日本人ならば大抵の人が加入しています。 病院やクリニックなどの医療機関を受診するときには、この制度を利用するから個人負担が少なくて済んでいるのです。

こういった公的制度を取り扱う医療関係機関などは保険医療期間として指定を受ける必要があります。 そこに所属する「医師」や「薬剤師」も「保険医」や「保険薬剤師」として登録して保険医療に関わることになります。

ポイントは薬剤師資格があっても保険薬剤師登録がなければ保険調剤ができないことです。 <「保険請求」や「保険点数の計算」など保険医療を遂行するために公的な登録手続きをする>と考えるとわかりやすいでしょう。

調剤薬局は薬剤師が就職する場合には一番多い職場になります。 大部分の日本人が国民健康保険や社会保険などの保健制度を利用して病院やクリニックを受診しています。医療機関の近くに立地している調剤薬局も当然ながら<保険調剤薬局>になります。

こういったことから健康保健制度を取り扱っている調剤薬局勤務の場合は薬剤師もキチンとした手続きをして保険薬剤師でなければなりません。調剤薬局以外でも保険医療関連業務をするセクションで仕事をする薬剤師は保険薬剤師資格を取得しておかなければなりません。

保険調剤を実施している業務でも保険薬剤師登録が不要なところがあります。 それは病院内の薬剤部に勤務する場合やドラッグストアで勤務する場合です。 ですがドラッグストアが調剤業務もする併設店であれば保険薬剤師登録は必要です。

登録手続きは勤務先を管轄している地方厚生局で受付しています。 手数料は不要です。 書類提出と登録後の研修に参加すれば取得できます。

ページの先頭へ