薬剤師が調剤薬局を選ぶ際のメリット&デメリット

薬剤師の求人案件で一番多いのは調剤薬局です 医薬分業が積極的に進んでいる日本社会です。 薬に管理については病院とは別の部署で行う動きが加速されています。 それによって調剤薬局の数は激増しています。

調剤薬局を運営管理する企業も効率化を考えて買収や合併をしながら事業拡大しています。 今後も調剤薬局の数は当面増え続けていくのは間違いありません。 それに呼応するように調剤薬局での薬剤師の求人は増えてゆきます。

地域別で見てみると都市エリアでは薬剤師の人材確保は落ち着いています。 逆に地方都市や田舎になると薬剤師不足は深刻な社会問題にもなっています。 ひとりでも多くの薬剤師が欲しいので給料水準はうなぎのぼりです。 転居も辞さないという覚悟があるならば地方都市の調剤薬局の案件を探してみるのもいいでしょう。

ここでは、薬剤師が調剤薬局を選ぶ際のメリット&デメリットを整理しておきましょう。 まずはメリットです。

1番目は<未経験でも応募しやすくブランクがあっても復職しやすいこと>です。 仕事の基本は薬の調剤・管理・発行です。 これらは薬剤師業務の基本中の基本なのです。 薬剤師資格をもっていればキチンと遂行することができます。 教育体制も整備されているところが大部分です。

2番目は<残業が少なくて勤務時間の調整がしやすいこと>です。 病院の診察時間を合わせて営業するからです。 このことは子育て中のママさん薬剤師にとって、とても仕事がしやすい環境になります。

3番目は<福利厚生が充実していること>です。 大企業の経営の調剤薬局の場合は休日・休暇など福利厚生が充実しています。 女性の場合でも妊娠・出産・子育てをしながら薬剤師を続けたいならばお薦めできる職場です。

では次にデメリットについて見てみましょう。 メリットで勤務時間の調整がしやすいとお話しましたが、職場によっては多忙を極めるところがあります。それは薬剤師不足に悩まされている調剤薬局の場合です。

こういった調剤薬局の場合は残業や長時間労働に追われてしまうでしょう。 できるだけ普段の仕事の様子を確かめるために職場見学などをすることが大切です。

次に<給料が上がりにくい>というデメリットがあります。 その理由は国の診療報酬によって調剤薬局の薬剤師の給料が決まるからです。 場合によっては仕事量に見合った給与水準ではないと感じるケースもあるようです。

以上、薬剤師が調剤薬局を選ぶ際のメリット&デメリットを整理しておきました。 地域によって高額年収を提示している調剤薬局求人もあります。 薬剤師専門の求人サイトで平均年収など調べてみてはどうでしょうか?

ページの先頭へ